メイク道具

若さを保つための秘訣とは

クリーム

見た目年齢を若くするには

皆さんはアンチエイジングしてますか。良い意味で見た目年齢と実年齢が離れている人っていたりしますよね。実は陰で色々な努力をしているのだと思います。できれば20代のうちから行ったほうが良いです。30代になってからでも良いのですが何もしないままですと急に見た目年齢が上がってしまいます。実年齢を上回ってしまうこともあるのです。そうなってしまうとどんな高価な化粧品を使おうが効果が無いので早いうちからアンチエイジングの対策をしておきましょう。とはいっても大げさなことではありません。日々のお手入れを欠かさずにすれば済むことです。化粧水、乳液、収れん化粧水、ナイトクリームの順に塗ったら年の出やすい首筋とほうれい線のマッサージを行えばいいだけです。20回が理想ですがはじめのうちは10回でいいと思います。首筋は下から上にかけて手のひらを使って伸ばし、ほうれい線は口の両側から斜め左右上に手のひらを使って伸ばしましょう。

お手入れにプラスアルファ

基本的なお手入れだけでも良いのですが、どうせアンチエイジングするならもっと綺麗になりたいものです。それには化粧品の成分を見て決める必要があります。コエンザイムQ10、アルファリポ酸白金ナノコロイド等の抗酸化物質でさび付きを防ぎ、スクワレンやヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンで肌表面の潤いを保ちたいですね。ただしコラーゲンは「ペプチド(細かくなって吸収力アップ)」のものを選びましょう。あとはお肌を白く保つためにビタミンCや鮭の赤身成分であるアスタキサンチンも効果的です。また化粧水から色々塗っていくのも日々仕事に追われてますと億劫に感じるかもしれません。そういう方はオールインワン的な化粧品を使ってからマッサージをしましょう。あと大切なのは化粧品によっては合う合わないがありますので、自分の体と相談しながら選んでください。アンチエイジングの基本は日々のお手入れですが、それにプラスアルファで有効な化粧品を選んで使えば劇的に変わっていきますよ。